MT4とは?使い方やダウンロード方法&おすすめ国内業者もまとめ

更新日:

人気の取引ツール「MT4」

MT4とは?使い方やダウンロード方法&おすすめ国内業者もまとめ

「MT4」とは、メタトレーダー4という名称のFX取引用総合プラットフォームです。

しかし、そのように説明されても、初心者の人は

「MT4とはチャートなのか?」
「MT4とは自動売買ツールじゃないの?」
「MT4とは取引画画面なの?」

などと様々な疑問が浮かんでくると思います。

これらの疑問は、ある意味ですべて正解です。

MT4とは、高機能チャートであり、自動売買用ツールであり、裁量取引画面でもあるのです。

今回は、そんな「MT4」はどのようなツールで、どんなメリット・デメリットがあるのかなどを見ていきたいと思います。

また、MT4とはどのように導入し、どう操作するのか、さらにMT4に対応している国内のおすすめFX業者はどこか?などについても紹介いたします。

この記事で、ぜひ「MT4とは何なのか」を学びましょう。

MT4とは?特徴&メリット・デメリット

まず、はじめにMT4とは何か、またそのメリット、デメリットにはどのようなものがあるかについて見ていきましょう。

MT4の特徴

MT4とは、FX取引用の多機能・総合的なプラットフォームです。

プラットフォームとは、取引ができる環境を提供し、その上でトレードを成立させる舞台か劇場のようなものといえばわかりやすいでしょう。

MT4の利用目的は様々ですが、これを整理すると大きく3つに分けることができます。

  1. EAを使って自動売買を行う
  2. MT4で裁量取引を行う
  3. MT4は、チャート表示やテクニカル分析専用に使う

①の自動売買は、忙しい現代人の生活様式や感覚にマッチし、多くのEAが有償・無償で出回っています。

優秀なEAに巡り合えれば大きく儲けることも可能なため、特に若い人を中心にそのニーズに適合している取引形態です。

②のMT4で直接裁量取引を行う方もいらっしゃいます。

その場合は、チャートの価格表示とトレードパネルの価格とでズレがなく、また、非常に高機能なチャートを見ながら取引ができるのです。

③のMT4をチャート表示やテクニカル分析専用とする方法ですが、この方式を採用している方も結構多いです。

FX会社が提供するチャートやテクニカル・ツールは様々で統一性がなく、また自分好みに改良が難しいのが実情です。

このため、MT4のチャートやテクニカル指標を見ながら、他会社のトレードパネルを使って取引を行う理由も納得ができます。

このようにみると、MT4とは、目的が異なるトレーダーのニーズをそれぞれに満たすことができる機能性・多様性を持ったツールといえそうです。

特定の目的を持つ人だけでなく、幅広いニーズを受け止めることができる点が、多くのFXトレーダーから人気を集め愛用されている理由ではないでしょうか。

MT4のメリット

続いては、MT4のメリットを紹介していきます。

MT4とは、次のように多くのメリットがあるツールです。

①多くのテクニカル指標・インジケーターを活用できる

MT4には、50種類以上のインジケーターが標準装備されています。

また、ネット上で新たなインジケーターを探して自由に追加もできます。

さらに、それらを複数同時に表示することもできるため、おおいにトレードや分析に活用できるのです。

②自動売買ができる

EA(テクニカル・アドバイザー)をMT4上で稼働させることにより、自動売買ができます。

そのEAも、新しいものを自由に追加できます。

③バックテストができる

EAの能力を検証するために、過去のチャートを使ってバックテストができます。

④複数のFX会社の取引に活用できる

複数のFX会社を目的に応じて使い分ける場合は、それぞれの会社が提供しているバラバラなチャートやテクニカル分析を見ることは負担になります。

そのため、チャート分析・閲覧はMT4だけに絞り、複数のFX会社の取引画面でトレードを行う方が効率的です。

⑤自分専用にカスタマイズできる

MT4とは、自分の好みに改良を重ねて多機能にする、見やすくする、使い勝手をよくするなど、発展性・拡張性を大きく秘めたツールです。

MT4のデメリット

お次は、MT4のデメリットも見ていきたいと思います。

①使うためにインストールしなければならない

MT4を使うには、自分でダウンロード・インストールしなければいけません。

②初心者がいきなり使いこなすのは難しい

MT4は、使い方を追求していくとハマってしまうようなマニアックな側面を持っています。

そのため、初心者には使い始めのハードルが高く、短時間で使いこなすのは難しいといえるでしょう。

③対応しているFX会社が少ない

国内では、MT4に対応しているFX会社は多くないのが実情です。

④専用口座が他の口座に比べてあまり条件がよくない

FX会社は、コストをかけてMT4に対応する環境を整備します。

そのため、MT4用の口座はスプレッドなどの面で他の口座に比べ条件がよいとはいえません。

MT4の導入方法

それでは次に、MT4を実際にどのようにして導入するのか、方法や手順を詳細に解説していきます。

MT4のダウンロード・インストール方法

MT4をダウンロードして導入するには、FX会社に無料のデモ口座を開くのが手っ取り早い方法です。

ここでは、後半でも紹介する国内FX会社の「FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)」にデモ口座を開設し、MT4をダウンロードしてみましょう。

なお、ほかの業者でもダウンロードの方法はおおむね同じです。

①まず、FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)のホームページにアクセスします。

ホームページのメニューから、【取引システムはこちら】をクリックします。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)のホームページ

②取引システムのダウンロード画面が表示されるので、ここではパソコン用インストール版として、【MT4インストール版】をクリックします。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)のホームページからMT4をインストール

③PCインストール版の画面が表示されるので、【ダウンロード】をクリックします。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)のホームページからMT4をダウンロード

④すると、MT4インストール用のセットアッププログラムがダウンロードされます。

パソコン画面の下部に表示された【fxtf4setup.exe】右側の下矢印をクリックし、【開く】を選択します。

ダウンロードしたMT4を開く

⑤すると、MT4の使用許諾同意書の画面が出てくるので、【次へ】をクリックします。

MT4の使用許諾同意書の画面

⑥MT4のインストールが開始されます。

MT4のインストール画面

⑦インストールが終了し、MT4が自動的に立ち上がります(まだ立ち上がっただけで、回線が繋がっていません)。

同時に、デモ口座の申請画面が表示されます。

MT4のデモ口座申請画面

⑧デモ口座申請画面では、【FXTrade-Demo FXTF】(デモ口座)を選びます。

なお、その下のFXTrade-Live FXTFは本番用口座となります。

デモ口座を選択したら、【次へ】をクリックします。

MT4のデモ口座申請画面

⑨続いて、既存のアカウントは持っていないため、【新しいデモ口座】を選択し、【次へ】をクリックします。

MT4のデモ口座申請画面

⑩お客様情報の入力画面に移るので、必要事項を入力し、【貴社からのニュースレター受取りに同意します】にチェックを入れ、【次へ】をクリックします。

MT4のデモ口座申請画面

⑪デモ口座の登録が行われログインID、パスワードが表示されるので、どこかにメモして保管しておきましょう。

確認が終わったら【完了】をクリックします。

MT4のデモ口座申請画面

⑫これでデモ口座の登録が終了し、デモトレードができる状態になりました。

MT4も回線が繋がり、チャートが動き始めました。

MT4のチャート画面

MT4の使用方法

MT4のインストールが完了したので、次は、MT4の設定と操作方法を学んでいきましょう。

MT4の設定・使用方法

デモ口座が開設されると、基本的にMT4もそのまますぐに使える状態になっています。

しかし、取引がしたい通貨ペアのチャートを設定する・・・などは、自分で行う必要があります。

【新規のチャートを設定する】

画面上にない通貨ペアのチャートを新しく設定する方法を覚えていきましょう。

①MT4画面上のメニューの中で【ファイル】をクリックし、【新規チャート】を選択します。

mt4の新規チャート表示

すると、通貨ペアの一覧が表示されるので、その中から画面表示したい通貨ペアを選択します。

MT4の通貨ペア設定

下の図は、GBPUSD(ポンドドル)を選択して画面中央に表示したものです。

MT4でポンドドルを中央表示

GBPUSD(ポンドドル)チャートを大きくするため、右上の□マークをクリックすると、次のようになります。

MT4のポンドドルチャート

【画面をシンプルにする】

チャート画面をできるだけシンプルにするため、下図のように不要なものを消していきます。

どうしても必要なものは、後で加えればいいわけです。

MT4の画面をシンプルにする

「気配値表示」、「ナビゲーター」、「ターミナル」を消してしまいます。✕印をクリックです。

すると、下図のように、チャートが大きくなると同時にすっきりしてきました。

MT4のチャート画面

【基本的な操作を覚える】

チャート画面の基本的な操作は、以下のように行います。

下の図と照らし合わせて、よく覚えるようにしてください(番号が図の番号と対応)。

①縦・横・斜めラインを引く場合にクリック

②トレードパネルを表示する場合に、左側の▼をクリック

③バーチャート・ローソク足チャート、ラインチャートの表示切替えの場合に、該当するものをクリック

④時間足の表示を変える場合に、該当するものをクリック

⑤画面の拡大・縮小

⑥チャート表示を現時点に変える場合にクリックすると、チャートが左寄せになる

⑦チャートを複数表示している場合に、最前面に表示するものを選択

⑧MT4の通信状態を表す。通信できていない状態では「回線不通」と表示される

MT4の基本的な操作方法

【インジケーターを設定する】

今度は、チャートに「移動平均線」を表示してみましょう。

MT4メニューで、【表示】から【ナビゲーター】をクリックします。

MT4 ナビゲーター表示

すると、先程消したナビゲーター表示が出てきました。

この中の【インディケータ】を選んで展開させます(+をクリック)。

MT4 インディケータ

さらに、【トレンド】を選んで展開させます。

その中の【Moving Average】が移動平均線です。

MT4 Moving Average 移動平均線

そのMoving Averageをチャート上に、ドラッグ&ドロップすると、移動平均線の設定画面が開きます。

【パラメータ】タブを開き、期間・種別・色・線の太さを入力します。

ここでは、期間は20日、種別はSimpleとします。

MT4 移動平均線 パラメータ

【表示選択】タブを開き、【すべての時間足に表示】にチェックを入れ、【OK】ボタンを押します。

MT4 移動平均線 すべての時間足に表示

すると、20日単純移動平均線が表示されました。

なお、チャート画面は、先程のものから少々拡大してローソク足表示にしてあります。

MT4 ローソク足チャート画面

他のインジケーター表示もやり方は同じです。

MT4の使い方は、「習うより慣れろ」です。実戦で使いこなせるよう、できるだけ練習するようにしましょう。

MT4対応のおすすめ国内FX業者3選

それでは、最後にMT4取引に対応している国内のおすすめFX業者を紹介しましょう。

OANDA JAPAN

OANDA JAPANは、カナダに拠点を置くOANDA Corporationの日本法人です。

OANDA JAPAN

OANDA JAPANは、FX初心者からプロ級の上級者まで対応できるよう複数のコースが設定されています。

MT4のベーシックコースは裁量トレードしかできませんが、プロコースではEAを使った自動売買が可能です。

また、独自の分析ツールを中心とした情報提供に力を入れており、情報量といった部分にも定評があります。

さらに、顧客の注文比率・ポジション比率がわかる「オープンオーダー・オープンポジション」やそれらの情報をMT4チャートにグラフ表示できる「オープンオーダーMT4用インジケーター」などは大変人気があります。

【OANDA JAPANのスペック・MT4のベーシックコース】
取引コース MT4とFX Tradeの2コース
取扱い通貨 71種類
スプレッド ドル円0.4銭、ユーロ円0.7銭、ユーロドル0.5pips
取引単位 1,000通貨
1回の最大取引量 25万通貨
MT4自動売買 非対応

(MT4の東京サーバコース及びプロコースは対応)

スマートフォン(iPhone/Android)アプリ 対応
取引方式 NDD方式
oanda fx
OANDA Japanの評判と口コミ評価!コースの違いやおすすめコースも解説

公式サイトはこちら 「OANDA JAPAN(OANDA FX)」のサービスは他社と比較してどうなのか、口コミや評判はどんな感じなのか気になりますよね。 このページでは、22のFX口座を使用…

FXTF MT4(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)は、2006年に設立された東京都港区に本社を置くFX会社です。

FXTF MT4 は、ゴールデンウェイ・ジャパンが提供しているMT4トレードサービスです。

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)

スプレッドは、ドル円0.3銭(原則固定)、ユーロ円0.6銭など 業界最狭水準を達成しています。

MT4は、自動売買に対応しており、30種類以上のテクニカル指標、独自のインジケーター、ツールなどが無料で利用できます。

さらに、チャートから注文発注やポジションの確認が可能な仕様となっています。

【FXTFのスペック】
取引コース MT4の1コース
取扱い通貨 29通貨ペア
スプレッド ドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭、ユーロドル0.8pips
取引単位 1,000通貨と1万通貨
1回の最大取引量 取引単位が1,000通貨の場合は、100万通貨

取引単位が1万通貨の場合は、300万通貨

MT4自動売買 対応
スマートフォン(iPhone/Android)アプリ 対応
取引方式 DD方式
FXTF MT4は、MT4が利用でき業界最狭水準のスプレッドドル円0.3銭、ユーロ円0.6銭です。1000通貨コースのAM9時から翌AM4時において原則固定
FXTF MT4の評判!実際に使ってみた評価(ゴールデンウェイ・ジャパン)

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)は、スプレッドが原則固定であり、MT4のオリジナルツール(EA・スクリプト)が数多く利用できるため、MT4初心者におすすめの業者です。 しか…

外為ファイネスト

外為ファイネストは1999年に設立されたFX会社で、香港に本社があり世界各国で金融サービスを提供しているハンテック・グループの日本法人です。

外為ファイネスト

インターバンク市場と直結し、金融機関の最良レートで自動的に売買が成立するNDD方式を採用しているため、透明性の高い取引が行えます。

また、外為ファイネストは、スキャルピング取引を公認しており、安心して短期売買ができます。

取引ツールは、MT4 PC版・iPhone版・Android版・iPad版が用意されています。

【外為ファイネストのスペック(MT4・ZEROコース)】
取引コース MT4とCURRENEXの2コース
取扱い通貨 30通貨ペア
スプレッド (変動制)

ドル円0.3~1.1pips、ユーロ円0.5~1.1pips、ユーロドル0.4~0.7pips

取引単位 1,000通貨
1回の最大取引量 1,000万通貨
MT4自動売買 対応
スマートフォン(iPhone/Android)アプリ 対応
取引方式 NDD方式
外為ファイネスト
外為ファイネストの評判!口コミ・特徴比較でわかる評価

外為ファイネストは、国際金融グループである「Hantec Group(ハンテック・グループ)」のグループ企業で、日本のFX会社です。 現在は、MT4を利用した「MT4-ZERO」と、CURRENEX(…


(注)取引方式について
DD方式は、投資家からの売買注文をFX会社が受け、そのFX会社で決めたレートを投資家に提供する方式です。
一方NDD方式は、投資家からの売買注文をFX会社が受けないで、直接カバー先の金融機関に発注する方式です。
そのため、透明性が高い取引が可能となります。

MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】
MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】

このページではMetaTrader4(MT4)に対応したおすすめの国内FX業者・証券会社を徹底比較していきます。 各FX業者ごとで、スプレッドや取扱通貨ペアの違い、オリジナルのインジケ…

無料のMT4インジケーターおすすめランキング

MT4(MetaTrader 4)は誰でもインジケーターを作成することができるので、有用な無料のオリジナルインジケーターがたくさん公開されていてとても便利です。 しかし、MT4のインジ…

記事下

 


2019年版!おすすめFX口座ランキング

 

無料プレゼント!経済指標発表で稼ぐスキャルピング指標トレード

プレゼント

FX指標トレード手法

指標トレード手法の詳細はこちら

TOPページへ戻る

 

はじネコ
FXの最新情報を配信してるのでフォローしてね!
  • この記事を書いた人
fxmoneful

マネフルFX編集部 Kei

FXトレード歴10年の編集部が初心者のためにわかりやすく解説しています。 ちなみに好きな食べ物は、台湾混ぜそばです。笑 豪ドル円やフランなどをメインにトレードしています!!

-FXの基本

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2019 All Rights Reserved.