MT4とMT5の違いを比較&徹底解説!おすすめなのはどっち?【2019年最新】

更新日:

徹底解説!「MT4」と「MT5」の違い

MT4とMT5の違いを比較&徹底解説!おすすめなのはどっち?【2019年最新】

この記事でわかること

  • MT4とMT5は何が違うのか
  • MT4、MT5はそれぞれどんな人におすすめか

MetaTrader 4(メタトレーダー4)、通称「MT4」はFXトレードに役立つ取引ツールです。

豊富なチャート機能を備えており、あらゆるテクニカル分析ができることから、多くのトレーダーが使用する定番の取引ツールとして親しまれています。

MetaQuotes社が2000年に発表した「FX Chart」という安価かつ高性能なオンライントレードプラットフォームからその歴史はスタートし、翌年にはMetaQuotesという新たなプラットフォームを発表。

そして2003年にMetaTrader 3を、2005年に現在の主流となるMetaTrader 4をリリースしました。

そんなMT4の後継ツールとして2010年にリリースされたのがMT5(MetaTrader 5)です。

この記事では、これからMT4の導入を考えている方や「MT4は使ったことあるけど、MT5のことはよくわからない・・・」

という方向けに、「MT4」と「MT5」の違いや、スペック比較、MT4とMT5それぞれの特徴などをまとめて解説していきます。

MT4の後継ツール「MT5」とは?

「MT5」は、MT4のリリースからFXの取引環境やソフトウェア環境が大きく変わったことから、その変化に対応する目的で開発されリリースされました。

しかし、そのアーキテクチャ(システム設計)が大きく異なることから、MT4から簡単に移行するというわけにはいかないものとなりました。

つまりユーザーは、現行のMT4を使い続けるか、MT5に乗り換えるかの選択を迫られることになったのです。

その結果、世界で標準となっているMT4からの移行はあまり進まず、現状ではまだMT4が主流として使われるという状況になっています。

ただし、MT5はMT4で課題となっている部分を刷新する形で設計されているため、両ツールそれぞれで優れている部分や特徴が異なっています。

次の見出しでは、そんなMT4とMT5の具体的な機能の違いの解説と、スペックを比較して見ていきたいと思います。

MT4とMT5の違い&スペック比較

MT5はMT4の後継ツールであるため、MT4にはなかった機能や特徴を持っています。

ここからはそんな両ツールの違いと、スペックの比較を行っていきます。

※MT5はアップデートが続いています。
ここで述べたことは2019年3月時点のものなので、最新情報ではない可能性がある点をご了承ください。

板情報の表示

板情報とは、市場参加者の注文状況がどの価格帯にどれだけ入っているのかを示すものです。

現在の価格帯を挟んで、売り注文と買い注文の数が表示されていて、注文数が多い価格では買いあるいは売りで支えられている、といった情報がわかる便利なものです。

MT4では、この板情報をデフォルトでは見ることはできません。
(ただし海外FX業者のAIORYのように独自のEAで見ることができる業者もある)

MT4だけではなく、そもそも相対取引をしているFX業者では、板情報を表示していません。

国内のFX業者でも、板情報を提供できるのはごく一部です。

しかしMT5の場合には、取引所からデータを取得することで、板情報を表示させることができます。

もちろん、ここから直接注文を出すことも可能です。

FXトレードはチャートを見ながら・・・というトレーダーが多いと思いますが、株式取引のように板情報でタイミングを見ている人にとっては便利な機能です。

ECN口座への対応

FX口座にはいくつかの種類がありますが、インターバンク間で直接取引ができるECN口座はスプレッドが狭いので、スキャルピングに最適です。

しかしMT4は外部の取引所とは標準で接続できなかったので、ECN口座では板情報が表示できないといった課題がありました。

しかし、MT5は標準パッケージで世界中の取引所と接続できるので、ECN口座でもストレスなくトレードを行えるようになっています。

チャートの時間足の種類

MT4のチャートの時間足は全部で9種類でした。

しかし、MT5ではさらに細かく時間足が増えています。

具体的に分足は4種類に加えてさらに6種類を追加、時間足は2種類から7種類となっています。

日足・週足・月足は変わりません。

カスタムインジケーターとEA

MT4もMT5も、インジケーターやEA(自動売買ツール)を自作できるという特徴を持っています。

しかし、この両者には互換性がありません。

つまり、せっかくMT4で作ったインジケーターやEAを、そのままMT5に流用することができないのです。

これは開発環境が違う(MQL4とMQL5)ことが原因ですが、MT5の普及が進まない理由のひとつでもあるようです。

MT5はリリース当初こそインジケーターの種類は少ないものでしたが、2019年3月時点では3,000種類ものインジケーターを追加できるようになっています。

中には、過去の値動きを分析してこれからのチャートの動きを予測するインジケーターなどというものまであります。

EAに関しては、やはり長い年数をかけて個人や法人が開発してきたMT4には豊富に揃っています。

この点では、MT5はまだまだMT4には及びませんね。

無料のMT4インジケーターおすすめランキング

MT4(MetaTrader 4)は誰でもインジケーターを作成することができるので、有用な無料のオリジナルインジケーターがたくさん公開されていてとても便利です。 しかし、MT4のインジ…

動作スピード

やはりMT4の後継とあって、MT5の動作スピードは速くなっています。

もちろんパソコンなどのスペック(正確にはメモリの量)もそれ相応に必要ですが、よほど古いマシンでもない限りは問題ないでしょう。

そもそもMT5がリリースされたのは2010年なので、最新のマシンでなくても十分にそのスピードを享受できます。

インジケーターの管理

MT5では、MT4にはなかったインジケーターのフォルダ分け管理ができるようになりました。

インジケーターを表示するナビゲーターウィンドウが、MT4では単に羅列表示のみでしたが、MT5ではフォルダを任意に作ることができるので、その中に格納する形で整理できます。

気配値

MT4では、気配値ウィンドウは「通貨ペアリスト」と「ティックチャート」のみでしたが、MT5では「銘柄」「詳細」「プライスボード」「ティック」の4種類に分けて表示されるようになりました。

特にプライスボードでは登録した通貨ペアを一覧表示して、気配値が一目でわかるようになっています。

さらにここから直接注文を出せるので、大変便利になっていますね。

対応するFX業者の数

MT5に乗り換えるユーザーが少ないために、FX業者の多くがMT5にはまだ対応していません。

とはいっても開発元の動きを見ていると、いずれMT4のサポートも終了することが考えられるため、MT5に対応するFX業者も増えてくると予測されます。

MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】
MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】

このページではMetaTrader4(MT4)に対応したおすすめの国内FX業者・証券会社を徹底比較していきます。 各FX業者ごとで、スプレッドや取扱通貨ペアの違い、オリジナルのインジケ…

アップデート

後継のツールということで、開発元はMT5の普及を進めています。

MT5はアップデートを重ね新しいバージョンのリリースが続いていますが、MT4はもうほとんどアップデートが行われていません。

MetaQuotes Software社のサイトをみても、ダウンロード項目はMT5のみとなっていますし、すでにMT4 のダウンロード自体もできなくなっています。

スペック比較表

最後に、MT4とMT5の比較表を記載します。

MT4 MT5
板情報 非対応 対応
ECN口座 非対応 対応
チャートの時間足 9種類 21種類
カスタムインジケーター・EA 豊富 増えている
動作スピード 遅い 速い
インジケーター管理 不便 便利
気配値 2種類 4種類
両建て 可能 可能
対応する業者 多い 少ない
アップデート 終了? 多い

MT5のメリットとデメリット

MT4とMT5を比較すると、いろいろと相違点が見えてきましたね。

では、MT4ではなくあえてMT5を使うと考えた時、MT4と比べてどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

ここからはそんなMT5のメリットとデメリットをご紹介していきます。

メリット

動作スピードが速い

動作スピードが速いのはMT5の大きなメリットです。

特にスキャルピングのようなトレードをする場合、レスポンスが遅いと話になりません。

板情報を見ることができる

チャートだけでトレードする人には関係ありませんが、板情報を見ることができる点もメリットといえます。

これからFXトレードを始めようという人にとっては、トレード手法の選択肢が増えるというわけです。

時間足が細かい

トレード手法の選択肢が増えるという点では、時間足が細かい点もメリットといえるでしょう。

細かな時間軸で値動きを分析できるので、トレードの時間軸の幅も広がることにつながります。

デメリット

MT5のデメリットは大きく2つあります。

対応業者が少ない

まずひとつは、MT5に対応しているFX業者がまだ少ないということです。

現時点で新規にFX口座を開設する場合、目当ての業者がMT4にのみ対応しているのであれば、必然的にMT5は使うことができません。

MT4からの乗り換えが簡単にはできない

もうひとつのデメリットは、すでにMT4を長く使ってインジケーターやEAを構築している人は、簡単にはMT5に乗り換えることができないことです。

ただし、MT4とMT5の壁となっているインジケーターファイルのmq4からmq5への変換を、自動で行うコンバージョンプログラムも出てきています。

面倒ではありますが、自前のインジケーターやEAを手作業でもMT4からMT5に移植できれば、乗り換える障壁はなくなるかもしれません。

MT4・MT5はそれぞれこんな人におすすめ

これまでMT4とMT5の特徴や違いを見てきましたが、結局それぞれはどのような人におすすめなのでしょうか?

そこで、将来性というものも踏まえて、それぞれがおすすめなのはどのような人なのかをまとめてみました。

MT4がおすすめな人

すでに多くのEAやオリジナルのインジケーターをMT4で構築している人は、そのままMT4を使い続けることになると思います。

またスピード面においてはMT5に見劣りするものの、そのトレード環境に慣れていれば、MT5に移行するとリズムが狂うかもしれません。

MT4でのトレードで利益を出している人は、MT5に乗り換えるよりもそのままMT4でトレードを続けることをおすすめします。

また、これからFX口座を開設する予定の人で、目当ての業者がMT5に対応していなければ、MT4を選択せざるを得ないでしょう。

MT5がおすすめな人

これからFXトレードを始めようという方、さらに自動売買についても勉強していこうという方は、最初からMT5を選んでおくとよいかもしれません。

アップデートが進むMT5は使い勝手がMT4に近づいていますし、MT4とMT5には互換性がありませんから、最初からMT5で自分なりのシステムを構築しておいたほうがよいでしょう。

また、海外FX業者もMT5に対応するところが増えているので、海外FXで口座を開設する予定の人も、MT5を選んでおくとよいかもしれません。

MT4とは?使い方やダウンロード方法&おすすめ国内業者もまとめ

人気の取引ツール「MT4」 「MT4」とは、メタトレーダー4という名称のFX取引用総合プラットフォームです。 しかし、そのように説明されても、初心者の人は 「MT4とはチャートなの…

MT4のスマホ版アプリの使い方や設定、操作方法まとめ

スマホアプリ対応のMT4ってどう使うの? FXトレードをする人の多くが利用している取引ツールのMT4(メタトレーダー4)。 その大きな特徴は、なんといってもチャート分析に必要なテ…

記事下

 


2019年版!最強FX口座ランキング

 

無料プレゼント!経済指標発表で稼ぐスキャルピング指標トレード

プレゼント

FX指標トレード手法

指標トレード手法の詳細はこちら

TOPページへ戻る

 

はじネコ
FXの最新情報を配信してるのでフォローしてね!
  • この記事を書いた人
fxmoneful

マネフルFX編集部 Kei

FXトレード歴10年の編集部が初心者のためにわかりやすく解説しています。 ちなみに好きな食べ物は、台湾混ぜそばです。笑 豪ドル円やフランなどをメインにトレードしています!!

-テクニカル分析

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2019 All Rights Reserved.