FXTF MT4の評判!実際に使ってみた評価(ゴールデンウェイ・ジャパン)

更新日:

FXTF(ゴールデンウェイ・ジャパン)は、スプレッドが原則固定であり、MT4のオリジナルツール(EA・スクリプト)が数多く利用できるため、MT4初心者におすすめの業者です。

しかし、スキャルピング禁止や時間帯によってスプレッド変動制になるなどのデメリットも持ち合わせているので注意が必要です。

この記事ではFX歴12年の専業トレーダーが「FXTFの評判、他社と比較した強みと弱み」を徹底解説します。

評価と特徴

FXTFの総合評価

総合 スプレッド スワップ 約定力
79 ★★★☆☆ ★★★☆☆ ★★★★☆
取引ツール 情報量 サポート
★★★★ ★★★★ ★★★☆☆
せんせえ
MT4がWindowsでもMacでも利用できるのは良いです。しかし、スプレッドが結構広がりやすいのと、スキャルピングにはかなり厳しい対応を取られるので、取扱には注意が必要です。
はじネコ
キャンペーンが豊富なのと、無料で使えるMT4ツールが好評なので、それ目当てに口座開設してみるのもいいかも。サポートが充実してるので初めてのMT4業者に良いと思います。

ちなみに、国内MT4対応業者は次の記事で徹底比較しているので参考にしてみてください。

MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】
MT4対応おすすめ国内FX業者を徹底比較【2019年版】

このページではMetaTrader4(MT4)に対応したおすすめの国内FX業者・証券会社を徹底比較していきます。 各FX業者ごとで、スプレッドや取扱通貨ペアの違い、オリジナルのインジケ…

メリット・デメリットと特徴

メリット

  • 1,000通貨単位からの少額取引が可能
  • 注文執行条件やスリッページについての情報開示に積極的
  • 多少スリッページしてもシステム約定許容幅内であれば注文価格で約定してくれる
  • MT4がWindows/Mac共に利用でき、Windowsであれば自動売買も可能
  • MT4の無料オリジナルツールが豊富
  • 情報量が多く、無料オンラインセミナー・キャンペーンが豊富

FXTFでMT4のインストール方法とデモ口座(バーチャル)の使い方

デメリット

  • 標準コース(1,000通貨)はストリーミング注文ができない
  • スプレッド・スワップの変動が多い
  • スキャルピングをすると警告メールが届く
  • 会場セミナーがない
  • MacではMT4で自動売買ができない

FXTFは、通貨ペアが30種類と比較的多く、1,000通貨単位からの取引も可能です。

MT4(MetaTrader4)による裁量取引はWindows/Mac共に利用可能で、さまざまなインディケーター、テクニカル指標を組み合わせてオリジナルの取引環境を作れることが便利ですね。

他社とは異なり、FXの取引ツールはMT4のみなので、MT4取引環境に力が注がれていることが伺えます。

情報量は比較的多く、オリジナルコンテンツや無料セミナーが利用できるのもメリットです。

そのため、トレーダーのスキルに関わらず、MT4による裁量取引や自動売買にとても適したFX会社と言えますね。

しかし、「スプレッドやスワップポイントがよく変動する」、「スキャルピングに厳しい」との声もあるため注意が必要です。

また、「スキャルピングをすると警告メールが届く」、「Macで自動売買ができない」といったデメリットもあるため、人によっては使いづらいFX会社と感じるかもしれません。

そのため、自分のトレードスタイルに合った取引が可能かどうかを見極めることが重要です。

 

口コミと評判

FXTFの良い口コミ

世界中で愛用されている(らしい)トレードソフトウェアMT4。私は初心者の頃、他社ソフトウェアでトレードをしていた際、ストップロス(損切り決済注文)やテイクプロフィット(利食い決済注文)を入れるのに手間取って、ストレスを感じていました。そこで思い切ってMT4を使うために、日本のトレード会社でMT4に定評のあるFXTFと契約しました。
MT4では、ストップロス、テイクプロフィットなどはドラッグして離すだけ、思い通りにサクサク操作できます。更にテクニカル指標も充実、独自テクニカルも多く導入されています。
特に指標カレンダーは、時系列で視覚化されていて、重要指標発表時などのタイミングを逃すことがなく、大変重宝しています。
MT4は基本的に、テクニカルなども自分自身の好きなように、幾らでも組み合わせることが出来ます。最初は自分でインストールしてカスタマイズしていくことに少々手間取りましたが、この操作性を体験したら戻れなくなりました。お勧めします。

MT4だが、主要通貨ペアのスプレッドは狭い。
スワップは当日NYクローズ後まで不明であり、過去履歴も見れない。
また、数日で大幅変動(±の逆転等)が頻繁な通貨ペアもあり、スワップを考慮した中長期保有は避けたい。
マット氏の的確な分析や見通しは参考になる。
トレードバトルも開催しており、楽しめる。

出典:Kakaku.com

FXTFの悪い口コミ

付与されたスワップポイントがトータルでしか表示されないので、過去にいくら貰えたのか把握できない。

 

取引コースの違いを比較

取引コースは、「1,000通貨コース」「10,000通貨コース」の2種類があります。

単純に最小取引単位が異なるだけでなく「1注文の最大発注数量」「注文方式」「スリッページ設定の可否」「スプレッド」が異なる全く別物のFXと考えたほうが良いでしょう。

※2019年9月末に、ストリーミングコースの新規申込みと標準コースからストリーミングコースへの変更受付は終了となりました。

現在は新規口座開設すると最少取引単位が1000通貨の標準コースが適用されます。

項目 1,000通貨コース
ロット単位 1ロット=10万通貨
最小取引単位 0.01ロット(1,000通貨)
1注文の最大発注数量 2.0ロット(20万通貨)
注文方式 カウントダウン注文
約定優先
スリッページ設定 不可
スプレッド 米ドル/円 0.1銭
ユーロ/円 0.4銭

スプレッド・スワップは安定性が低め

スプレッドは狭いが広がる

評判や口コミによると、実際はスプレッド・スワップ共に安定性があまり無く、相場によって大きく変動するとの声も多いのですが、公表しているスプレッド配信率は99%以上です。

早朝4時から朝9時までは原則固定ではなく変動制になるので、その時間帯は特にスプレッドが広がりやすくなります。

MT4対応業者はNDD方式のところが多く、どの業者も流動性の低い時間帯はスプレッドが広がりやすい傾向にあります。(FXTFはDD方式ですが…)

スプレッドの安定性を求めるなら、MT4非対応ですが「DMMFX」「GMOクリック証券」などの大手相対業者を選ぶことをオススメします。

 

クロス円のスプレッドとスワップポイント

通貨ペア スプレッド 売スワップ 買スワップ
USD/JPY 0.3銭 -31 28
EUR/JPY 0.4銭 12 -15
AUD/JPY 0.5銭 -35 32
GBP/JPY 0.7銭 -4 1
NZD/JPY 1.0銭 -38 33
ZAR/JPY 0.9銭 -19 11
CAD/JPY 1.6銭 -13 8
TRY/JPY 15銭 -85 78
CHF/JPY 1.7銭 23 -28

クロスカレンシーのスプレッドとスワップポイント

スプレッドとスワップポイントを見る
通貨ペア スプレッド 売スワップ 買スワップ
EUR/USD 0.2pips 33 -36
AUD/USD 0.6pips -14 9
NZD/USD 1.6pips -13 8
GBP/USD 0.7pips 19 -22
EUR/AUD 1.5pips 48 -53
GBP/AUD 1.4pips 98 -103
USD/CAD 1.5pips -11 6
GBP/CAD 4.2pips 6 -11
EUR/CAD 2.1pips 24 -29
NZD/CAD 3.0pips -16 11
AUD/CAD 3.0pips -46 41
AUD/NZD 1.9pips 5 -103
EUR/NZD 2.9pips 50 -55
GBP/NZD 3.9pips 39 -44
USD/CHF 1.5pips -40 35
AUD/CHF 2.9pips -42 37
EUR/CHF 1.7pips -23 18
GBP/CHF 1.9pips -28 23
NZD/CHF 3.9pips -43 38
EUR/GBP 0.8pips 12 -15

 

約定力は取引コースと設定で変わる

約定力は、注文設定によって、約定拒否やスリッページの発生条件が大きく変わります。

しかし、FXTFは注文執行条件やスリッページについての明確なルールを公表しているので、透明性は非常に高いと言えます。

FXTFの約定力に関する評判や口コミは「とても良い」「とても悪い」と極端に別れます。

これはどのような相場で、どのような設定で取引をしたかによって約定力は大きく変わるため、いろいろな意見があるのは当然だと言えます。

取引コースと注文方式

1,000通貨コースの注文方式は?

1,000通貨コースは、ストリーミング注文ができずカウントダウン注文のみです。

トレーダーが希望した注文価格と、その注文指示がシステムに届いた時点の受注価格にズレが生じた時は受注価格の方で処理されます。

最小取引単位1,000通貨から取引可能な反面、スリッページが発生する約定優先のコースです。

10,000通貨コースの注文方式は?

10,000通貨コースは、ストリーミング注文が可能です。

また、通常のストリーミング注文におけるスリッページ設定の他に、あらかじめシステム約定許容幅というものが設けられており、多少滑っても注文価格で約定することができる価格優先のコースです。

システム約定許容幅とは?

スリッページが発生した時に、注文価格を優先して約定させる措置です。

「多少スベっても注文価格で約定してあげますよ」という機能があるのが10,000通貨コースの特徴です。システム約定許容幅の値は通貨ペアによって異なります。

0.1pipsを1ポイントとして、次のようにシステム約定許容幅が設定されています。

  • 3ポイント(0.3pips):USD/JPY、EUR/JPY、EUR/USD、GBP/JPY、GBP/USD、AUD/JPY、AUD/USD
  • 10ポイント(1.0pips):その他24通貨ペア

注文方式と約定力

10,000通貨コースのストリーミング注文は、「スリッページ設定をしたかどうか」によって約定パターンが変わります。

注文価格優先のコースであるにも関わらず、希望する価格で約定できなかったり、約定拒否が発生するため注意が必要です。

約定パターンの違い
スリッページ設定をしなかった場合

10,000通貨コースでもスリッページ設定をしなければ、システム約定許容幅内のスリッページであれば、注文価格優先で約定します。

受注価格がシステム約定許容幅を超えた場合は約定拒否となります。

①受注価格<システム約定許容幅 = 注文価格で約定
②受注価格>システム約定許容幅 = 約定拒否

スリッページ設定をした場合

スリッページ設定の値が、システム約定許容幅の値よりも大きいか小さいかによって、次のように約定パターンが微妙に変わります。

■スリッページ設定<システム約定許容幅
①受注価格<スリッページ設定 + 受注価格<システム約上許容幅 = 注文価格で約定
②受注価格>スリッページ設定 + 受注価格<システム約定許容幅 = 注文価格で約定
③受注価格>スリッページ設定 + 受注価格>システム約定許容幅 = 約定拒否

■システム約定許容幅<スリッページ設定
①受注価格<システム約定許容幅 + 受注価格<スリッページ設定 = 注文価格で約定
②受注価格>システム約定許容幅 + 受注価格<スリッページ設定 = 受注価格で約定
③受注価格>システム約定許容幅 + 受注価格>スリッページ設定 = 約定拒否

※2019年9月末に、ストリーミングコースの新規申込みと標準コースからストリーミングコースへの変更受付は終了となりました。

 

スマホアプリ・PCツールはMT4でMacでも使える

FXTF MT4は、PC版インストール型(Windows対応)・PC版ウェブトレーダー型(Windows/Mac対応)・スマホ版(iPhone/Android対応)・タブレット版(iPad対応)の4種類です。

この内、自動売買はPC版インストール型のWindowsでしか取引ができないので注意が必要です。

PC版取引ツールは2種類

PC版は、「PCのスペック」「PC環境がMacか?」「自動売買を利用するか?」によって「インストール型」「ウェブトレーダー型」を使い分けましょう。

インストール型MT4の特徴

  • 自動売買が可能。EAやインディケータのバックテスト機能も搭載
  • 30種類以上インディケータを標準搭載、さらに外部のインディケータやEAを追加してカスタマイズ可能
  • 注文方法が充実しており、トレンドラインで決済、指定の損益額で決済等、裁量取引に嬉しい機能が多数搭載されたミニターミナル、トレードターミナルが利用可能
  • 1クリックトレードが可能
  • 複数のチャートを並べて表示可能
  • カスタマイズ性が高く、インディケータの色や線の太さまで細かい設定が可能
  • 豊富な描画機能で水平線、トレンドライン、並行チャネルはもちろん、フィボナッチまで網羅

ウェブトレーダー型の特徴

  • 自動売買ができない
  • インストール不要で、インストール版よりPCに負荷がかからない
  • 自動でバージョンアップ
  • MACでも利用可能
  • ダウンロード型の操作性をほぼ再現

スマホ版MT4はシンプルで高機能

スマホアプリはとてもシンプルですが、高機能で操作性がとても良いです。設定画面では各種カスタマイズも可能です。

ただ、PCのようなカスタムインジケーターは利用できません。

MT4を利用できるFX会社で同じアプリを利用しているため、初期設定でFXTFの口座登録が必要となります。

 

独自サービスとキャンペーンが豊富

豊富なキャンペーン

FXTFでは、現在7つのキャンペーンを実施しています。他社と比較してもキャンペーンの数が豊富なのも特徴ですね。

内容もとても充実していて、キャッシュバック・プレゼント・スプレッド縮小・トレードバトルによる賞金などです。

FXTFのキャンペーン
MT4トレードバトル

取引ランキングの順位に応じてキャッシュバック。

また参加賞として、抽選で各10名で合計30名に①10,000円の参加賞、②カワセ係長が提案する第2のトレンドフォロー・スイングEA「GSP-FLOATING」のGBPJPY版、③1,000円相当のビットコインをプレゼント!

キャンペーン期間中にFXTF MT4で合計20万通貨以上の新規取引が条件です。(量、EA、PC、スマホの別は問いません。)

石原順さんDVDプレゼント

キャンペーン申込み先着順で40名に、石原順さんの投資戦略に関するDVD「相場で道をひらく」をプレゼント。

Mac対応MT4取引で1,000円相当のビットコインプレゼント

Mac対応MT4ウェブトレーダーで初めて取引、かつ期間中の新規取引が合計で30万通貨以上の場合、1,000円相当のビットコインをプレゼント。

MT4大口取引限定キャッシュバック

キャンペーン期間中の、通貨ペア・取引数量に応じてキャッシュバック。

MT4スタート&カムバックキャンペーン

①FXTF MT4で初めて取引する人が対象。キャンペーン期間中にFXTF MT4の新規建て取引を10万通貨以上取引した場合に3,000円キャッシュバック。さらに、1,000万通貨以上でプラス17,000円キャッシュバック。

②FXTF MT4の利用者で、2016年10月3日~2017年5月31日に取引が無く、FXTF MT4の取引を再開した人が対象。キャンペーン期間中にFXTF MT4の新規建て取引を10万通貨以上取引した人に1,000円キャッシュバック!さらに、50万通貨以上でプラス1,000円キャッシュバック。

FXTF MT4スプレッド縮小キャンペーン

1,000通貨コースの利用者のみ、キャンペーン期間中は以下の4通貨ペアのスプレッドが縮小。

通貨ペア 通常 縮小後
USD/JPY 0.8銭 0.3銭
EUR/JPY 1.4銭 0.6銭
EUR/USD 1.4pips 0.8pips
GBP/JPY 2.4銭 2.0銭
マーフィー スパンモデル基本マスター会員限定プレゼント

マーフィー(柾木利彦)氏によるスパンモデルとスーパーボリンジャーの手法、その時々の相場の中で、掲示板の閲覧・質疑応答やメルマガによって、無料でトレード・コーチングを受けることができる特典プログラムの無料お試しセットを申込者全員にプレゼント。

FXTF MT4オリジナルツール

FXTF MT4のPC版インストール型のみ、FXTFオリジナルの「インディケーター」「定番チャート」「スクリプト」「EA」「ミニターミナル」が無料で利用可能です。

標準のMT4には含まれていないFXTF独自のもので、以下の種類のものがあります。それぞれの種類で用意されているツールの数はかなり豊富です。

  • テクニカルチャート
  • チャート操作ツール
  • 情報表示ツール
  • 注文・ポジション管理ツール
  • ミニターミナル関連ツール

特にテクニカルチャートの種類が多く、有名トレーダーが作成したものを利用できます。情報開示ツールも種類が豊富でトレードに役立ちます。

このFXTF MT4のオリジナルツールを目的として口座開設しても良いかもしれません!

 

FXTFでの口座開設をオススメする人

  • MT4で裁量取引・自動売買をしたい人
  • 無料のMT4オリジナルツールを利用したい人
  • 情報収集・セミナー・サポート・キャンペーンが充実した口座を探している人
  • 明確な注文執行条件の元、取引をしたい人

MT4対応業者の中ではもっとも知名度が高く、オンラインセミナーやサポートも比較的充実しているのでこれからMT4で取引をはじめてみたいMT4初心者の方にはかなりおすすめですね。

また、MT4でスパンモデルやスーパボリンジャーが表示できるオリジナルのインジケーターなども用意されているので、初心者でも簡単に本格的な分析や取引を行えます。

 

FXTFをオススメしない人

  • スキャルピングをする人
  • 1,000通貨単位の少額取引でストリーミング注文をしたい人
  • 安定したスプレッド・スワップポイントで取引をしたい人

スキャルピングには最悪口座凍結などの措置も考えられるため、スキャルピングはNDD方式の他社を利用したほうが良いでしょう。

スキャルピングOKの業者でおすすめは、MT4対応業者なら「外為ファイネスト」、それ以外なら「JFX」です。

また、1,000通貨単位の少額取引については他社の方が好条件です。

せんせえ
1,000通貨対応のおすすめFX会社を探しているという方は、以下の記事をご参考ください。
1通貨、100通貨、1000通貨単位比較!FX少額取引業者おすすめランキング

2019年1位の少額取引業者を今すぐ見る! この記事では、1000通貨単位以下の少額で取引可能なおすすめFX業者を紹介します。 ランキングは、初心者向け比較入門サイトである当サイ…

これからFXを始める方や、メイン口座をお探しの方には次のFX会社が総合的におすすめです。

DMM FX 初心者に一番おすすめのFX会社はここ

DMM FXのココがスゴイ!

  • FX口座数国内第1位の実績!
  • スプレッドは業界最狭水準!
  • FX業界初の「LINEサポート」対応

DMM FX』は国内のFX口座数第1位という実績を誇っており、初心者から上級者まで非常に多くのFXトレーダーから支持されている人気のFX会社です。

人気の理由は、その総合力の高さ!

DMM FXは初心者の方が取引する上で重要な「スプレッド」「約定力」「取引ツール」「安全性」4つの要素全てが高水準。

特に取引コストであるスプレッドは業界最狭水準かつ安定しているため、国内FX業者の中でもトップクラスに安いコストで取引ができます。

さらに、DMMFXはサポートが充実しているのも初心者におすすめできるポイント。

FX業界では初となるLINEサポートにも対応していて、わからないことがあればLINEを使って気軽に質問することができます。

キャッシュバックやポイント還元など、取引をすればするほどお得なシステムも用意されており、一番はじめに開設するFX口座として、最もおすすめなFX会社です!

DMM FXの詳細へ

DMM FXで無料口座開設

DMM FX最新キャンペーン情報

DMM FX

現在、DMM FXでは新規口座開設ユーザーを対象にした『2万円』キャッシュバックキャンペーンを実施中!

さらに、当サイトからDMM FXの口座開設申し込みをされた場合、特別タイアップで+で4,000円が必ず追加キャッシュバックされますので、ぜひご利用ください。

マネフルFX特別タイアップ4000円キャッシュバック+新規口座開設と500Lot新規取引で20000円キャッシュバック!最大24000円キャッシュバック

※2019年1月末時点。ファイナンス・マグネイト社調べ(2019年1月口座数調査報告書)

GMOクリック証券|テクニカル分析にこだわるならココ

GMOクリック証券のココがスゴイ!

  • FX取引高7年連続世界No.1
  • 初心者にも使いやすい取引ツール
  • 低スプレッド、高スワップ

GMOクリック証券』はFX取引高7年連続世界第1位の記録を持つ、『DMM FX』と人気を二分しているFX会社です。

取引ツールの充実度には定評があり、初心者でも使いやすいと評判のツールから、豊富なテクニカル指標が利用できるツールに高性能スマホアプリなど、取引や分析を快適に行うためのツールが盛りだくさん。

さらに全20通貨ペアのスプレッドは業界最狭水準、スワップポイントも高金利と口座スペックもかなりの高水準です!

総合的に高いスペックで、本格的な取引を行いたい方、テクニカル分析に力を入れたい方におすすめのFX会社です。

※ ファイナンス・マグネイト社調べ(2012年1月~2018年12月)

GMOクリック証券の詳細へ

GMOクリック証券で口座開設

SBI FXトレード|少額からFXを始めたいならココ一択

SBI FXトレードのココがスゴイ!

  • 業界最小の1通貨から取引可能
  • 業界最狭のスプレッド0.27銭
  • 未成年や高校生でも口座開設可能

SBI FXトレード』は、国内FX会社の中で最小となる「1通貨」単位からの超少額取引に対応しているFX会社です!

1通貨=約4円あれば実際のFX取引が始められるので、「少額からFXをはじめてみたい」「実際のFXを体験してみたい」という初心者の方にぴったりです。

スペックも申し分ない高水準で、100万通貨以内のトレードではスプレッド0.27銭(米ドル円)が提供されており、少額かつコストも抑えてトレードをすることができます。

さらに、SBI FXトレードでは口座開設してログインするだけで必ず500円が入金される特典があるため、自分のお金を使わなくても、ほぼノーリスクで実際のFX取引をはじめることができます。

SBI FXトレードの詳細へ

SBI FXトレードで無料口座開設

FXTF未来チャート

PC・スマホ対応の投資支援ツール「FXTF未来チャート」は、過去の値動きから未来の値動きを予測することができるツールです。

未来のチャート形状(値動き)を予測する「未来チャート」と、売買シグナルで売買タイミングを示す「シグナルパネル」の2種類が利用可能です。

「売買のタイミングが分からない」「チャートや分析指標の見方が分からない」「たくさんの分析指標を見るのが大変」といった人の投資判断に役立つツールです。

FXTFの情報ツールとサポート

投資に対する情報ツールとしては、経済カレンダー、GI24(グローバルインフォ24)が利用可能です。

また、相場の見通しや先週の相場概況・テクニカル分析のコメント、経済指標結果/要人発言などの情報も配信しています。

マーケット情報や経済カレンダーは充実していると言えますね。

問い合わせ窓口は、電話(平日8:00〜17:00)、メールでも受け付けています。

同じ国内MT4業者 OANDA Japanとの比較

最後に、FXTFを国内MT4業者として有名な「OANDA Japan」と比較します。

主な取引条件の違い
FXTF OANDA
1,000通貨
コース
ベーシック
コース
プロ
コース
東京サーバー
コース
取引形態 DD NDD NDD NDD
通貨ペア 30銘柄 71銘柄 71銘柄 28銘柄
最小取引単位 1,000通貨 1,000通貨 1,000通貨 10,000通貨
スプレッド 原則固定※ 原則固定 原則固定 変動制
スワップ 1日毎 1秒毎 1秒毎 1日毎
スリッページ
許容幅
×
EAの使用 ×

※4時〜9時は変動制

スプレッドの違い
FXTF OANDA
1,000通貨
コース
ベーシック
コース
プロコース 東京サーバー
コース(500k)
USD/JPY 0.1 0.4 0.8 0.3
EUR/JPY 0.4 0.7 1.3 0.4〜0.7
AUD/JPY 0.5 1 1.6 0.6〜0.7
GBP/JPY 0.7 1.4 2.8 0.8〜0.9
TRY/JPY 15 8.0 8.0 1.9〜3.6
ZAR/JPY 0.9 1.3 1.3 1.0〜1.1
EUR/USD 0.2 0.5 0.8 0.4〜0.5

2019/11/1時点のスプレッド(pips)

スワップの違い
FXTF OANDA
USD/JPY 25 -111 43.00 -83.10
EUR/JPY -33 -25 -22.10 -9.00
AUD/JPY 19 -71 9.00 -39.00
GBP/JPY 10 -85 25.00 -56.00
TRY/JPY 50 -84 35.00 -85.00
ZAR/JPY 10 -23 10.50 -16.60
EUR/USD -123 26 -0.96 0.45

2019/11/01時点の10,000通貨あたりのスワップ(円)

OANDAは、「取引形態に透明性の高いNDD方式を採用」「約定拒否なし・リクオートなし」「圧倒的に多い通貨ペア数」「極めて狭いスプレッド(東京サーバーコース)」「秒単位で付与されるスワップ(ベーシック・プロコース)」など、FXTFにはない魅力を持ったMT4業者です。

ただ、「約定拒否なし・リクオートなし」を宣言していますが、これは取引形態にNDD方式を採用しているため、「ディーラーによる約定操作はしない」という意味であり、当然、スリッページはありますし、スリッページ許容幅を設定していれば約定拒否もあります。

FXTFのように、注文価格・約定価格・約定拒否についての明確なルールが公表されていないため、NDDとはいえ、必ずしも透明性が高いとは言い切れないでしょう。

初心者や極端なスキャルピングをしない人であれば、オリジナルツールや日本語サポートが充実したFXTFの方が安心してMT4でトレードできるように思われます。

記事下

 


2019年版!おすすめFX口座ランキング

 

無料プレゼント!経済指標発表で稼ぐスキャルピング指標トレード

プレゼント

FX指標トレード手法

指標トレード手法の詳細はこちら

TOPページへ戻る

 

はじネコ
FXの最新情報を配信してるのでフォローしてね!
  • この記事を書いた人
マネフルFX編集部

マネフルFX編集部

マネフルは、FX歴11年のトレーダーが監修するFX初心者向けメディアです。FXってなに?どう勉強すればいいの?おすすめのFX会社は?などをゼロから解説します。

-FX会社の評判

Copyright© FX初心者が失敗しない始め方|マネフル , 2019 All Rights Reserved.